オバマ大統領 情報自由法に関するメモランダム

 ローレンス・レペタさんから、オバマ大統領が就任してすぐに出した、情報自由法に関するメモランダムが送られてきた。ざっと目を通して、印象的だったので、とりあえず試訳をしてみた。”A democracy requires accountability, and accountability requires transparency”という書き出しが印象的。情報は「推定公開」とせよというメッセージ、問題は隠すな、公衆に対する奉仕者たることを再認識せよ、というメモランダムは、ブッシュ政権におけるアシュクロフト司法長官による情報公開の「後退」ともいえるメモランダムを一新。

 つくづく、制度の違いがあるとはいえ、開かれた政府のため情報自由法の運用に関し、大統領から明確なメッセージが出るのは、良くも悪くもアメリカのダイナミズム。政権によっては悪くもなるが、政権が代われば良くもなる。うらやましくもある。そして、オバマ大統領は何と早いこと!

 情報自由法のメモランダムとは別に、”Transparency and Open Government”というメモランダムも同じ日に出されている。こちらは、次の機会に…

 英語の原文を政府系のWEBで発見できなかったので、下記にとりあえず英文をおいておきました。

MEMORANDUM FOR THE HEADS OF EXECUTIVE DEPARTMENTS AND AGENCIES,
Subject;Freedom of Information Act


---個人の試訳です。精査していませんので引用はお控えください。原文をご参照ください---

2009年1月21日

連邦政府機関の長に対するメモランダム
テーマ 情報自由法(Freedom of Information Act)

 民主主義にはアカウンタビリティが必要であり、アカウンタビリティは透明性を必要とする。ルイス・ブランダイス判事が、「太陽の光は最善の消毒薬であると言われている」と書いたとおり、私たちの民主主義において、透明性によるアカウンタビリティを促進する情報自由法(Freedom of Information Act)は、開かれた政府を確実なものとすることを深く国民に約束する最も重要な表現手段だ。その約束の中心的な考えは、アカウンタビリティは等しく政府と市民の利益にかなうということだ。

 情報自由法は、明確な確信とともに執行されるべきである。すなわち、疑惑に直面したとしても、公開性が勝るということだ。政府は、ただ情報を秘密裏に保有すべきではない。なぜなら、誤りや失敗は明らかにされるかもしれず、また、推測ないし抽象的な不安のもとになるからだ。非公開は、政府職員が奉仕すべきであるものを犠牲にし、自らの個人的な利益を守るために決してなされるべきではない。情報自由法に基づく請求に対する決定において、行政機関は速やかに、協調の精神を持ち、自らが公衆の奉仕者であるとの認識のもとに行動すべきである。

 すべての行政機関は、情報自由法で具現化された原則に対する自らの責任を一新し、開かれた政府の新たな時代における先導役とするために、推定公開を取り入れるべきである。公開の推定は、情報自由法にかかわるすべての決定に対して適用されるべきである。

 推定公開は、行政機関が情報を公表するという積極的な手段を取るべきであることも意味している。行政機関は、市民からの特定の情報に対する請求を待つべきではない。すべての行政機関は、政府が判断し、なしたことを市民に知らせるために現代の技術を使うべきである。公開は、タイムリーであるべきなのだ。

 私は、司法長官に対し、行政機関の長に情報自由法を運用するための新しいガイドラインを発し、アカウンタビリティと透明性に対する責任があることを改めて宣言し、官報(the Federal Register)においてそのガイドラインを公示することを命じる。それにあたり、司法長官は2005年12月14日の大統領命令13392号に基づき行政機関によって作成された情報自由法の報告書を見直すべきである。私はあわせて、予算管理局長官に対し、公衆に対する情報提供を拡大し、改善するために、新しい技術の利用を含む手引きを更新し、官報に公示することを命じる。

 このメモランダムは、いかなる権利ないし利益、実定法上のないし手続き上の、法律の施行ないしアメリカ合衆国と連邦政府機関ないし団体、公務員、労働者ないしそのほかのあらゆる人に敵対するあらゆる党派・団体による衡平法を創設するものではない。

 予算管理局長官に対し、ここに、このメモランダムを官報に公示すること許可し、命令する。

 バラク・オバマ
 
[PR]
by clearinghouse | 2009-01-23 01:00