第1回個人情報保護専門調査会 終了

 8月5日(木)の10時から、消費者委員会の個人情報保護専門調査会第1回会合。委員として参加してきました。

 個人情報保護専門調査会
 http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/kojin/top.html

 基本的には、個人情報保護法制のこれまでの経緯や制度、2008年度の施行状況の報告があって、その後に比較的自由な発言の場がありました。何人かの委員の発言があって、私も発言した一人。各発言者で大枠として共通していたのは、司令塔的な存在としての第三者機関が必要ではないかということだったと思います。

 特に、社会保障・税の番号制導入議論を念頭に置いての第三者機関という話もありましたが、それを念頭に、というより別の次元での整理がそもそも必要に感じています。というのも、とかく個別の問題が出てくるとそれをどうするかという話になりがちですが、どんな制度もそうですが、特に個人情報保護を考えるときは、どういう社会であるべきかという社会像が、議論の内容を左右することになると思います。個人の権利利益、ひいては自由とその他の利益(公益だったり、商業的な利益だったり)のバランスはどうあるべきかが問われているのだと思います。

 なので、個々の問題が出てきたらそれをどう解決するかは大事ですが、だからといって場当たり的にすればよいというものではないと思う。会議でも、今の100歳以上の高齢者の安否確認ができないことの原因として個人情報保護法が挙げられていることが話題になり、その流れの中で第三者提供の際の一般利益衡量論が提起されましたが、こういう議論の混乱はいい加減にやめたいと個人的には思っています。

 というのも、高齢者の今回の問題は、民間を対象にした個人情報保護法の問題では全くなく、個人情報保護にかかわる制度としては、自治体の情報公開条例や住民基本台帳法、あるいは年金関係であれば国民年金法の問題だからです。民生委員が民間人であるかのように扱われていますが、民生委員としての立場の限りは公務員。だから、個人情報保護法をどう直せばこの問題が解決するのかと言えば、問いそのものが間違っているので答えはない。個人情報保護法がそういう空気を作り出しているということであれば、廃止するか存続させるかという議論しかないはず。なのに、報道等を見ると、個人情報保護法の問題になっているし、政治家の発言もそう。いい加減にうんざりしてしまいます。今のそういう混沌とした整理されない状況が、建設的な議論の妨げになっているとも思う。

 なんてことをずっと前から考えていたし、求めがあるとそう発信をしてきたのですが、今回は自分が制度改正も含む議論に参加をすることになったので、そこは自分なりに考えて発言をしていこうと思っています。で、今回発言した内容は大きく分けて3つのこと。ひとつは、高齢者の安否確認の問題は、公的機関における個人情報保護の問題であること、問題の根っこは不審情報や安否が懸念される情報があってもそれにどう対応するかといった方針や対応の問題であるので、そういう問題と制度の問題は整理して議論すべきだということ。

 もうひとつは、過剰反応問題。自治会や学校での過剰反応は、本来は顔の見える関係性の範囲で起こっているということをもっと問題とみるべき。顔の見える範囲であるのに、個人情報を集めて利用する側と個人情報を提供する間で、個人情報保護法を理由に提供を拒否されたり、集めにくいということは、相互のコミュニケーションの問題が本質的な問題であるということ。つまり、提供する側は一方的に提供するだけだったけど、それしかすべがなかったけど個人情報保護法をきっかけに意思表示がしやすくなったということだと思う。また集めて利用する側は、丁寧な説明と合意作り(コミュニケーション)が面倒なので、それを怠るあるいは回避する理由として使いやすくなったという側面があると思うからです。

 三つ目は、誰が個人の権利利益の保護と個人情報の利用のバランスをとるのかということ。おそらくそれは主務大臣でも消費者委員会でもなく、第三者機関が必要で、広く社会的理解を得るための開かれた議論をしていくことが必要だということ。

 こんなことも考えつつ、これから議論に参加していきたいと思います。で、会合の最後の段で、情報公開法の不開示事由としての個人情報の議論では行政透明化検討チームで私の意見と対立して散々議論をしてきた藤原静雄教授が発言されて、私の意見は自分の意見に近いとのこと。確かに、個人情報保護制度では、大きな枠では共通する部分が多いのかも。でもとても複雑な気分です。

 ちなみに、高齢者の問題については毎日新聞に何とも微妙なコメントをしてみました。基本的には、今回の件で住民基本台帳法の強化なんて話になるのは、反対です。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100805ddm041040052000c.html 
[PR]
by clearinghouse | 2010-08-06 08:50 | 個人情報保護