第2回 個人情報保護専門調査会終了

 9月29日は消費者委員会個人情報保護専門調査会の第2回会合。出席してきました。消費者庁、経産省、総務省からのヒアリングで、資料などは以下に掲載されています。

 http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/kojin/100929/shiryou.html

 会議に出ていて、やっぱり個人情報保護法の議論の周辺には煙幕があると、いろんな意味で改めて思います。

 結局、私たちの社会で個人情報をどういうものとして取り扱うのか、何を守るのかということの共通認識があまりないままに、個人情報保護制度の目立つ弊害的なものが議論されていることにその原因があるんだと思います。規制や安全管理も大事だけど、そもそもの社会的な共通認識をもっとクリアにして共有した方が良いのではないかと。

 そういう共通認識がないままに広報啓発活動をすることは、表出している本質とは異なる問題に力点を置かざるを得ないというジレンマを抱えるので、本来の意味での社会的理解が進まないという感じになるんだと思う。だから、全然関係ないのに個人情報にかかわることが問題になると、なんでも個人情報保護法のせいになるんだと思うのですよ。

 第6回までヒアリングが続きます。その後2回の主な検討課題の検討が予定されています。その後、1回の予備日が設定されているので、それで終わりなのでしょうか。何だか専門調査会は、検討ではなくヒアリングをする場になるのでしょうか。会議で確認し忘れました。この煙幕の中でむせない程度に、そこを目指してとりあえず歩いていこうという感じかな。
 
by clearinghouse | 2010-09-30 23:33 | 個人情報保護