今年もあとわずか

 今年も残すところ今日を入れて3日。まだ年賀状も書いていない状態で、当然のことながら事務所の大掃除などはできず、例年のことながらなんだかずるずると一年の区切りがつかないままに新年を迎えることに、今回もなりそうです。

 毎年、年の瀬になると、「今年って何をした?」と思い、何となく何もしていないような気がして、自分の成長が感じられないのに、年齢とともに1年がどんどん短く感じるという、何とも不毛なというか、切ないというか、そんな感じが私の例年の年の瀬です。年明けには反省をして、今度こそは何かしたと思える1年にと決意をしてみますが、そんなに簡単に人は変われるものではないですね。

 今年は、9月に5年半ぶりに情報公開クリアリングハウスの活動に全面的に復帰をしました。要は、その間やっていた仕事を辞めたということでありますが、そのことは経済的な面を考えるといろいろな人から「ええっ!」と驚かれつつ、自分としてはすっきりしてよかった、と微塵も後悔のないさっぱりした感じであります。とはいっても、前職時代に関わっていた特に10代女子は、引き続き私の携帯に電話があったりメールがあったりで、結局はずるずると前の仕事をボランタリーに引きずっているのですが、これも人の人生や生活に関わってしまった以上やむを得ません。

 で、ここのところ、いろいろな人に会うとなんだか元気そうになった、と言われるのがうれしいところです。1月に朝日新聞夕刊の「人物記」で紹介をしていただきましたが、その取材がたぶん5月か6月のことだったので、いろいろ疲れがピークに向かっている最中で、写真がどうもすごく疲れていて元気がなく見えたらしく、その後に会った友人・知人何人から、「元気そうでよかった」と言われてしまいました。

 そんなこんなで、情報公開クリアリングハウスに全面的に復帰をしたものの、かなりのブランクがあるのでこの1カ月くらいでやっといろいろな勘が戻ってきた感じで、やはり「現場」を離れていた期間がそれなりに長かったことを実感しました。だいぶいろいろなことが頭の中でスムーズにつながるようになったかなというところで、まだまだ以前のようにはいっていないような気がしています。

 それで、「現場」を離れていた5年半を思うと、ソーシャルネットワークとソーシャルメディアが急速に浸透し、発展した期間と重なり、その間にNPOの現場にいなかったことは、それなりに重いなと思います。情報公開クリアリングハウスの活動自体、そうした波に乗せた短い発信よりも、一次情報に軸足を置いたものが中心なので、本来やるべきことは何も変わりませんが、それでも情報のフローが大きく変わっていることは事実です。twitterでつぶやいていると実感することですが、140字でつぶやくためには、いかにそこで効果的な部分を切り取って情報を発信するかを考えます。それって、悪いことではありませんが、ある意味誘導的なのであります。個人的には、そういうのは好きではないので、自分たちのやっていることがどこまでなじむのか、試行錯誤をしなければならないなと思います。

 そんなわけなので、今やっている福島原発事故の情報公開プロジェクトで行政文書を集めて整理し、時々分析をして公開をするという仕事は、短い発信とは別物の、場面を切り取らずにそのまま受け止めるということで、情報公開クリアリングハウスの本来のミッションにはとてもあっているというより、自分たちがやるべき仕事だと考えて取り組んでいます。

 今年は個人的にはいろいろ変化の年で、にもかかわらず何もできた感じがしないという、くだくだ感が抜けないことを反省して、来年は少しでも前向きな感じで年が終われるよう、今手を付けていることを形にしていける年にしたいと思います。

 今年中は、本当にいろいろな人にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
by clearinghouse | 2012-12-29 20:54