「秘密」と「非公開」

 特定秘密保護法案の議論でちょっと気になっていることがあります。

 それは、この法案でいう「秘密」と「非公開」が混在して問題点の指摘がされているということです。

 日本語としてだけ考えれば「秘密」=「非公開」で正しいです。秘密も非公開も公開しないことという意味だからです。だから、情報公開制度に基づく公開請求が非公開になれば、政府を「秘密主義」と批判するのは当たり前です。でも、特定秘密保護法案という法制度としての議論では、「秘密」と「非公開」は異なる意味を持つものであると思います。

 「非公開」の領域は、秘密指定と同じではない。というより、違わなければならないものです。非公開の領域すべてが「特定秘密」のような秘密指定の領域となるようであれば、それこそ民主制という観点からすれば悲劇以外の何物でもありません。法案も、作り方としては非公開の領域の一部が秘密指定されるという形をとっています。こういうところで、「非公開」=「秘密指定」とする事例や議論を数多く展開してしまうことは、一見わかりやすいのですが、利敵行為的な側面があることも認識する必要があるのではないかと思います。

 なぜなら、この間の法案をめぐる意見や立場の対立を見ていると、「こんなに非公開がある、あるいは非公開にされていて後からわかったことがある→だから特定秘密保護法案だと秘密が増える」という議論や意見に対して、「非公開の事例に出しているようなことを秘密指定する法案ではないし、実際にそれは秘密指定されるものではないでしょう」という意見や議論が出てくる。確かに、「秘密指定」ではなく、情報非公開=情報統制的な情報の出し方によって明らかにされてこなかったことが、「秘密指定される」と主張されている例も結構あるわけです。

 非公開や秘密指定対象ではないけど情報統制的な情報の出し方がされることはとても問題です。非公開体質の上に秘密指定制度が拡充されるわけですから、秘密の領域の抑制的に指定されるなんて思いません。しかし、この問題は特定秘密保護法案があってもなくても起こる問題でもあるので、別に情報公開を進める、非公開の領域を狭める、そして必要な情報が必要な時に公開され政策を実現させるための努力が必要です。だから、非公開となってきた情報を例にこれも秘密指定されるということよりも、非公開領域を広く確保している外交、防衛、治安維持分野にさらに秘密指定という仕組みが拡充されるということと、この法案がなくても情報公開が全く進まないこれらの分野の情報公開をどう進めるのかということを、もっと構造的に真剣に考えなければならない、と思うわけです。

 という議論になると途端に抽象度が高くなるので、すぐに「難しい」という一言で片づけられて、苦言と苦情をいただいてしまうのが悲しいところで・・・。個人的には、知る権利を具体的に保障するためにどういう議論や問題提起をすべきか、ということをもう少し追求していきたいとは思います。
  
[PR]
by clearinghouse | 2013-10-16 23:14