アメリカ、イギリスでの機密指定、情報公開、内部告発者保護の聞き取り調査

 3月24日開催の表記調査の報告会に向けて、調査内容の取りまとめを行っていますが、かなり大変です。単に聞き取った内容だけでなく、それぞれの国の仕組みと併せて整理をしないと何のことかという位置づけがわからなくなるというところもあり、四苦八苦しながらなんとか前進中。

 今回訪問した先は盛りだくさんなので、どう考えても情報過多です(笑)

 ちなみに訪問した先はこんな感じのところ。

<アメリカ編>
 ・国家安全保障研究センター(Center for Natioonal Security Studies)-NPOです
 ・Open society Foundation-ご存知ツワネ原則策定のイニシアティブをとったところです
 ・国家安全保障アーカイブ(National Security Archive)-NPOです
 ・W・ブッシュ政権下で国立公文書館の情報保全監察局(ISOO)の元局長
 ・司法省で40年間、情報自由法の担当だった大学教授
 ・現在のISOOの副局長
 ・上院情報特別委員会の委員のインテリジェンス担当スタッフ
 ・上院情報特別委員会のスタッフディレクター
 ・特別顧問室(連邦政府の内部告発者保護者の救済などをしているところ)の副顧問
 ・アメリカ自由人権協会(ACLU)のスタッフ弁護士

<イギリス編>
 ・国立公文書館の情報公開センター
 ・Article19
 ・Campaign for Freedom of Information
 ・Public Concern at Work
・Whistleblowing International Network
 ・Witness Confidence

 イギリスとアメリカの状況は全く違う、ということは制度を見るとわかっていたけどイギリスは機密指定制度というものに対する関心がとても薄い、というのが印象的。むしろ、「公益」というキーワードで物事が語られているが印象に残っています。

 これらについて以下の報告会を行うので、それまでに何とかまとめないと…。ご都合のつく方は是非お越しください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 シンポジウム「国家秘密と情報公開」第5弾
 アメリカ・イギリスの秘密保護制度と情報公開
              ―アメリカ・イギリス調査報告―
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
○日 時 2014年3月24日(月)午後6時30分~
○場 所 日比谷図書文化館コンベンションホール
      http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
○報 告 三木由希子(NPO情報公開クリアリングハウス理事長)
     山田 健太(専修大学文学部教授、自由人権協会理事)
○資料代 1000円
○主催 自由人権協会×日本ペンクラブ×情報公開クリアリングハウス

※事前申込優先
 お申し込みはこちら⇒https://ssl.kokucheese.com/event/entry/154295/

※ちらしをダウンロード http://bit.ly/1kAqgwZ

 秘密の指定や解除の基準、監視・監察機能など、多くの問題を先送りにして成立した「特定秘密保護法」。1年以内の施行が予定されています。
 基準作り等のために有識者による情報保全諮問会議が設置されるなど、政府内で準備が進められています。特定秘密法以前から、政府はさまざまな形で「秘密」を持ってきました。
 しかし、秘密を持つ政府自身をどのように民主的にコントロールするのかという議論を欠いたまま、今に至っています。
 世界各国でも機密指定制度の導入が、さまざまな形態で行われています。アメリカ、イギリスともに異なる仕組みの中で機密指定が行われていますが、過剰な秘密指定、秘密で行われている政府活動への監視機能の問題から、さまざまな問題を抱えつつ、仕組みや制度を変えたり作ったりしてきています。
 日本での議論を進めるため、アメリカ、イギリスでの聴き取り調査の結果を報告します。

【お問い合せ】
 特定非営利活動法人 情報公開クリアリングハウス
 〒160-0008 新宿区三栄町16-4 芝本マンション403
 TEL:03-5269-1846/FAX:03-5269-0944
 e-mail:icj@clearing-house.org http://clearing-house.org
[PR]
by clearinghouse | 2014-03-21 23:57