しばらく、体調不良でブログを放置してました。この10日くらいでやっとリハビリ運転中という感じなので、ぼちぼちと更新します。

 日弁連が、以下のような集会を開催するとのことです。案内によると、事前申込がないと参加できないようです。私も、この日は参加予定。この集会のあとですが、14時から参議院行政監視委員会に参考人として呼ばれました。リハビリ運転中と思っていたところに、いきなり本運転な感じです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 日本弁護士連合会院内集会
 「情報公開法改正の早期実現と原子力発電所関連情報の公開」のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/110530.html

 本年4月22日,情報公開法改正案がやっと閣議決定されました。
 改正案の内容は、昨年内閣府・行政透明化検討チームがとりまとめた「大臣案」にほぼ即応したものですが、後退してしまった部分もあります。情報公開の道のりは険しいです。
 いま,3月11日の東日本大震災に基因して発生した福島原発の壊滅的被害と放射能汚染が問題になっています。原子力発電所関連情報の公開は果たして十分だったか、法改正によって問題は解決するのか。いまこそ真剣に考えるべきときです。日弁連では以下の要領で院内集会を開催します。是非、ご参加ください。

 日時:2011年5月30日(月)正午~午後1時
 場所:参議院議員会館101会議室
 主催:日本弁護士連合会
 次第(予定):
  ○「原子力発電所関連情報の公開について-これまでの対応とこれからの課題」   
     海渡 雄一(元日弁連公害対策・環境保全委員会委員、日弁連事務総長)
  ○「情報公開法改正案の内容について-原子力発電所関連情報の公開を事例として」
     三宅 弘(内閣府行政透明化検討チーム座長代理、情報問題対策委員会委員)
  ○情報公開法改正案についての党・会派の対応について
 ○「情報公開法改正案についての日弁連の見解」 清水 勉(日弁連情報問題対策委員会委員長)

 参加方法:事前申込制(事前申込がないと当日参加できません。本票に御記入の上,御返信下さい。),参加費無料

 --------- 参加申込書(切り取り不要)---------
 送付先 FAX:03-3580-9920(日弁連法制第一課)
 御氏名               御所属
 連絡先 電話:   -    -    /FAX:   -   -

※ ご提供いただいた個人情報は,日本弁護士連合会の個人情報保護方針に従い厳重に管理いたします。また,この個人情報に基づき,日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より,シンポジウム等のイベントの開催案内,書籍のご案内その他当連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお,個人情報は,統計的に処理・分析し,その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。

(本件に関するお問い合わせ先:日本弁護士連合会法制第一課 電話:03-3580-9881)
by clearinghouse | 2011-05-26 23:16