そういば、地域デビュー?


 いまさらですが、ちょっといつもとは違うことに最近かかわっています。

 住んでいる自治体が自治基本条例の制定をすることとなり、市民による検討委員会をたちあげているのですが、そこが地域代表、関係団体代表と公募市民で構成されていて、公募枠で入ってみました。いつも、自分の住んでいる自治体のことにはかかわることなく、よそでばかりいろいろと機会を頂いてかかわる機会がありましたが、そろそろきちんと地域のことも知っておかないと、というちょっとした関心からです。

 この自治体には、私が理事をしているNPOの事務所もあるので、そこからも地域のNPO協議会の代表として一人入っていたり、有識者としてかかわっている研究者は昔からの知りあいだったりと、近しい人が何人かいますが、ほとんどはまったく知らない人たちです。これまでにすでに6回の会議が開かれ、2年間の活動期間が予定されているので、あと10数回の会議は確実に行われます。私自身がこれまでかかわってきた審議会やら委員会は、最初からがしがしと個別の政策的な議論を行うようなところばかりでしたが、この市民による検討委員会はちょっと違って、まだまだゆるい感じです。思いや考えや理解のすれ違いもまだまだある段階で、自治基本条例の制定という大きな方向付けは委員会の性質上ありますが、何をしていくのかという方向性が共有されていないのと、ある意味での良いリーダーシップがまだないので、この先にまだいくつも越えなければならないものがありそうです。

 この自治体では、行政内部での検討、行政・議会+有識者による検討、市民による検討委員会と複層構造で自治基本条例の制定に向けた議論が行われており、最終的には、行政+議会+市民+有識者の検討の枠組みで検討が行われる予定です。

 私はと言えば、「忙しいのにそんなこともやって!!」と怒られたり、かかわっている有識者から「こういうところにでてきちゃいかんよ」と言われてみたり、少々不興をかいつつも、市民がどういうふうに自治基本条例という政策議論を行っていくのか、今の委員会に流れている空気がどう変化していくのかなど、その場に市民としていてわかるものを楽しみにしているところです。もともと基本構想策定時に大規模な市民会議を行っていて、その中で自治基本条例の策定がうたわれ、それにかかわった市民が今回の委員会にも出ているので、そういう経緯の中で、当時かかわっていた人に加えて今回の委員会から加わっている人が立候補で運営委員になって、これから運営について考えていくことになっています。私としては、当面、委員会であまり話しすぎないことをモットーとして、必要な時には言うべき意見を言うということでゆっくりかかわってみて、地域の人たちの考えや地域事情を知ることに努めて、今更ながら地域デビューをしてみようかと思います。
 
[PR]
by clearinghouse | 2008-10-25 19:58