今年のことは、今年のうちに更新

 すでに、2008年も残すところあと30時間余り。大掃除に追われ、今年一年の資料の整理をはじめて、どつぼにはまっています。今日中にはなんとか終わらせて、実家に向かわねばとあせりつつ、資料などなどを整理していて、この1カ月ほど更新せずにたまっていたネタも、今年のことは今年のうちに更新しようと思い立ちました。ほとんど、現実逃避に近いですけど。

 かれこれ1カ月以上前になってしまいましたが、私が原告で財務省の不開示決定(不存在)の取り消しと国賠を請求していた訴訟の東京地裁判決が出ています。『昭和財政史』で引用されている行政文書が廃棄等を理由に不存在とされた事件で、原告の敗訴です。すでに控訴してあります。

 判決日に代理人から記者会見をするようにという指令があり、一応、司法記者クラブで会見なぞをしています。が、ちょうど私の会見前に、元若ノ鵬が記者会見をしていて、会見場は大変な混雑をしておりました。その後の会見なので、閑散としていること!まあ、そんなものです。

 判決全文は、こちらからご覧ください。

 判決と同じころ発行の参議院調査室発行の『立法と調査』(平成20年11月28日号)に、寄稿させてもらいました。今回は、「特集 国家公務員制度改革とキャリアシステムに関する意見調査」で、いろんな人が寄稿をしています。このそうそうたる人々の中で、なぜ私に依頼があったのか、未だもってなぞなところではありますが、何やら書きました。全文がWEB上に公開されていますので、関心のある方は以下からどうぞ。この号は、市販もされているようです。

 http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_f08_01.htm

 これも同じころの発行。ぎょうせいの『季刊 自治体法務研究』にも寄稿しました。「気になる子どもの関係機関が保有する個人情報」について書きました。主に、要保護児童対策地域協議会の関係を書いていますが、書きにくかった。「ケーススタディ・個人情報保護と自治体」という連載の執筆分担で書いたのですが、ある程度はけりのついている問題なので、その中でQA方式で書くというのは、そうそう簡単ではないです。個人的には、生業のほうで、某自治体の要保護児童対策地域協議会の実務者会議に出席をしているので、そこで実務が見えているところが救いでしたが。

 http://www.gyosei.co.jp/home/magazine/houmu/houmu_08120.html

 それでもって、私も呼びかけ人の一人になっている「社会をつくり直す人びと2007─10万人の提案運動」が、このたび『市民が描く社会像―政策リスト37』を刊行。「行政手続法の改正」をテーマに書いています。なぜ、行政手続法の改正かというと、市民参加と行政手続上の情報公開の促進、そして利害関係人への情報公開の拡充、という課題があるからです。これについては、簡単なプロジェクトが始まるかも、という話もあり、来年に入ってからどうするか基本的な検討をすることになるかもです。

 その他、来年からのことの仕込みも、年末になっていくつか始まりました。

 今年後半は、体調が悪いながら、結構いろいろやっていたなあと思うところです。不調の原因も、健康診断のおかげもあってわかってきているので、検査などなど当面は通院生活が続きますが、来年はもう少し健康的にがんばろうと思います。
 
[PR]
by clearinghouse | 2008-12-30 17:01