原発ストレステストも問題だけど、事故時運転操作書は誰がチェックしているのか?

 関西電力大飯原発3、4号機のストレステストの審査結果案を原子力保安院が妥当と判断し、その審査結果について専門家の意見を聞く会を行い、原発再稼働に向けた準備が着々進んでいるというニュースが流れています。そのこと以上に、その傍聴を求める市民団体ともみ合ったことのニュースが目につき、目先がすり替えるような錯覚を覚えます。

 私は原発についてはまったくの素人だから難しいことはわからないので、ストレステストは過酷事故など通常と異なる負荷にどの程度耐えうるかを評価するものと大雑把に理解。こういうものは、原発がある現実を踏まえれば、必要なんだろうとは思います。でも、再稼働の条件としてこの評価がお墨付きとなっていくのは、福島第一原発の事故が起こってしまった今となっては、ちょっと違うのではないか?と思うのです。

 というのも、原発の安全性といった時に、いかに安全かとか、いかに付加に耐えるかということを評価しても、それは、これまでの構造の再生産をするだけなのではないかと思うから。原発をめぐる情報公開の基本は、安全性を強調し、安全性を補強するためのものだった。ストレステストは、その延長にあるものなのではないかと思います。その結果、問題が起こったときに何をどうするかということの備えが不十分過ぎたことが、今回の過酷事故につながったという側面があるといわれています。

 少し前に、東電が国会に事故時運転操作書を多くを黒塗りの状態で提出し、その後東電から保安院経由でほぼ全部公開の状態で操作書が世に出ましたが、それも福島第一原発の1~3号機の分のみ。ほかの原発はどうなっているのかと思って情報公開請求をした結果は、以下のような不存在決定。少なくとも保安院は、福島第一原発の1~3号機の操作書は持っているけど、それ以外は持っていない=見ていない。

c0090033_241436.jpg

 
 本来は、地域住民や自治体に理解を求めたいのであれば、ストレステストだけでなく、事故時運転操作書など有事の時の対応について、もっと情報公開すべきなのではないか。少なくとも、問題が発生しうることを前提に、その対応・対策のチェックを強化すべきなのではないか。また、事故についてどの程度を想定して操作手順書が作られているのか、それがどの程度現場や指示を出すレベルで理解され、実行可能な状態なのかなど、今回の事故を踏まえればやるべきことはもっとあるのではないかと思う。それに、誰がこういうものを合理的にチェックできるのか、ということもとても大事。
 
 政府の情報として何があって何がないか、何をしているが何をしていないのか。そういうところもちゃんとチェックをして、今回のことを教訓にすべきことをしているのかというのも見ていかないといけないとつくづく思います。
 
[PR]
by clearinghouse | 2012-01-19 08:19