日々、いろいろ

 米軍ヘリ墜落事故の情報公開訴訟は、12月11日付で福岡高裁に控訴されたとのこと。控訴状とともに原告からご報告をいただきました。

 12月11日は、Nautilus Institute(サンフランシスコにあるNPO)の関係者が来所。昨年から一緒に進めようと言われていたプロジェクトの件で再度打合せ。昨年の時点では、日本、アメリカ、オーストラリアで同一テーマで情報公開を求めて行こうということだったが、今回はその話ではなく日本サイドの情報収集を進めたいとのことで、近く情報公開請求等に入ることになるだろう。アメリカでも同様の情報公開請求を進めているようなので、あとできちんと比較すると面白いかなあと思う。特に、外交防衛関係の情報なので、違いが顕著に出てくるかも知れない。

 そういえば、Nautilusという単語を見るたび、全然関係ないのにジュール・ヴェルヌの小説『海底二万里』の潜水艦ノーチラス号とネモ船長を毎回思い出してしまう。特に好きな小説でもなかったのに、何でだろう。

 今日は、ジャパン・プライバシー・センターの関係者が来所。執筆を依頼されて書いた原稿が掲載された『日本プライバシー白書2007』(矢野経済研究所)が出来上がったとのことで、持ってきていただき、ついでにいろいろとお話しする。白書が発行されたことは報道発表で少し前から知っていたので発行元のHPを見たが、あまりにかわいくない金額がついていたもので、小心者の私としては見た瞬間、固まりました。1部、贈呈していただいたが、多分私の原稿料よりあれですね、これは。

 そして最後に、ようやく今日になって、横須賀市の情報公開条例改正の検討の方向について、なかなかつかまらなかった担当者と話しが少しだけできる(改正については、「営利目的の利用を今さだ問題視するのはちょっと違う」をご覧ください。)。何度、電話したかというところに、電話を受けた職員が折り返すとして了解した日に電話がなかった上に、今回つながったらあまりにも不機嫌そうな対応なもので、何ですなあと思いつつ、素案が11月の審査会にかかっているので方向性等について確認したい点を確認する。

 電話でのやり取りでは、担当者は素案で示した方向性についても決まっていないと言い、素案とは意思決定されたものではないのでそういうものだと思うが、一方で、こちらで聞いた内容についても検討しているという。しかし、こちらの話はそもそも素案とはまったく方向性の違うものなのに、これからその方向にも変わる可能性があるというのは、どう評価して良いものやら。結局、大転換をするためには、審査会委員自ら答申を書けということですわね、これは、と思う。とりあえず、次回の日程(12月21日開催予定)を確認し、意見書を出させてもらいます、とだけ言い電話を切ったが、こういう自治体職員の応対は久しぶりですね。この仕事始めたばかりの10年前がフラッシュバックしましたわ。ただ、10年前はこっちの方が当たり前という感じだったので、久しぶりだ、と思えるだけ世の中は変わっているということなのかもしれないですけど。
[PR]
by clearinghouse | 2006-12-12 17:50